きしまち整骨院 BLOG

2017年2月 9日 木曜日

中殿筋の重要性。

いつもブログご覧いただきましてありがとうございます。

川越市 きしまち整骨院 院長 北條です。

さて今日は『中殿筋』と呼ばれる筋肉についてお話をさせて頂きます。

この中殿筋という筋肉は足を外に開かせる筋肉です。
しかし普段の生活でその動きをしているのかと言うと
ほとんど動きがありません。

ですがこの筋肉がうまく動いていないと
上半身を支えることがうまくできなくなってくるのです。

うまく働いているか確かめるにはこんなテストがあります。
片足立ちをしてみて下さい。


その時に上半身がふらつく場合は中殿筋が弱っているか
うまく動いていない可能性が高いです。

体をうまく支えられないということは
他の筋肉たちが頑張って力を入れて
体を支えないといけないということになります。

しかし筋肉は動くのに限界があります。
限界を超えた筋肉はいわゆる『張る』『凝る』
といった状態になり硬く動かない状態なってきます。

張りや凝りが出た筋肉をしっかりと動かすことも
もちろん大切ですがその張りや凝りが生まれてしまった原因、

今回の場合は中臀筋の筋肉がうまく使えていない
という状態を解消してあげなければいけません。

イメージがわからないという方は自分の家を想像してください。

家の中心となっている柱がしっかりしているのか
それともぐらついているのか





さぁどちらの家が安定しているでしょうか??

しっかりとした安定した体を作るにはまずこの中殿筋を
意識していただくことがとてもいいと思います。

過去の動画(きしまち整骨院Youtubeチャンネル)をご覧いただければ
中殿筋のストレッチについて解説してありますので
そちらもご覧ください!

当院では実際にそこを強くする治療法も行っておりますので
興味がある方は是非お問い合わせフォームからご連絡ください!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!





このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 きしまち整骨院